本文へ 本文へ移動アイコン

作成・送信する開始(変更等)届出書の選択

開く閉じる
  • すでに利用者識別番号を取得されている方が、再度、開始届出書を提出した場合、これまでe-Taxで提出した申告等の内容を確認することができなくなります。 税理士関与がある方は、関与税理士から開始届出書が提出されていないことをご確認ください。
  • マイナンバーカード方式」を利用するための手続を行った方は、受付システムの 「利用者識別番号の通知・確認」メニューより利用者識別番号等を確認いただくことが可能です。 FAQ
  • e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーでは、ブラウザメニューの「戻る」ボタン、「更新」ボタンは押さないでください。

開始届出書を作成する

開始届出書は、e-Taxを初めて利用される方が、利用者識別番号を取得するための手続です。利用者の区分に応じて、作成する開始届出書を選択してください。
なお、利用者識別番号や暗証番号をお忘れになった場合には、「変更等届出を作成する」の手順に沿って手続を行ってください。

変更等届出を作成する

(1)利用者識別番号や暗証番号をお忘れになった場合

利用者識別番号や暗証番号をお忘れになった場合には、以下から変更等届出書を提出してください。

(2)その他の変更等届出の場合

上記(1)以外の場合で「変更等届出書の提出が必要な場合」には、以下から変更等届出書を提出してください。

開く閉じる

届出の内容の変更等に伴い、次のような場合に提出が必要となります。

  • 利用者識別番号若しくは暗証番号をお忘れになった場合又は利用者識別番号が失効した場合
  • 誤って電子証明書を登録した際に、電子証明書の初期化を行う場合
  • 利用内容を変更する場合(特定納税専用手続から申告・納税等手続への変更又は申告・納税等手続から特定納税専用手続への変更)
  • 特定納税専用手続を選択している利用者が納税用確認番号をお忘れになった場合
  • e-Taxを利用している方が、税理士業務を開始又は取りやめる場合
  • e-Taxの利用を取りやめる場合
  • ID・パスワード方式の利用を開始する場合
  • ID・パスワード方式の利用を取りやめる場合

変更等届出書の提出後、利用者識別番号等の通知書が書面(※)で送付されます。 なお、「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー」を利用すれば、オンラインで変更届出書(開始届出書と同一の様式)を提出できます(書面でも提出できます。)。

(※)e-Taxの利用を取りやめる場合または税理士業務を取りやめる場合は、通知書は送付されません。

留意事項

開始(変更等)届出書の作成・提出に当たって、以下の点にご留意ください。

  • 送信後に入力内容を印刷・保存することはできませんので、送信前に印刷又は保存することをお勧めします。
  • 開始届出書の場合は「利用者識別番号等の通知」、変更等届出書の場合は「送信結果」が送信後に表示されます。税務署へのお問い合わせの際に受付番号が必要になりますので、 印刷又は保存されることをお勧めします。
  • 税理士(税理士法人)等が「開始届出書」をオンラインで提出した場合、納税者からの依頼を受けて納税者本人の申告等を代理送信することができるようになるのは、 メッセージボックスに「税務代理利用可能の通知」が格納された後になりますので、ご注意ください。
  • 税理士(税理士法人)等が、納税者からの依頼を受けて納税者本人の開始(変更等)届出書を作成し、送信する場合には、e-Taxソフト等を使用してください。
  • 届出書の「本店又は主たる事務所」の各欄について、海外に本店又は主たる事務所の住所地を有する場合、「所在地」欄に支店等の住所地を入力してください。
    なお、ビル名等がある場合は、「丁目・番地」欄に入力してください。
    また、海外の住所地を「ビル名等」欄に入力していただくとともに、納税管理人の住所・氏名を「参考事項」欄に入力してください。
  • 届出書の「代表者」欄について、代表者の住所が海外の場合、代表者の「住所」欄に日本国内における連絡先等を入力してください。
    また、海外の住所地を「ビル名等」欄に入力してください。
  • 届出書の「参考事項(日中の連絡先等)」欄の「その他参考となる事項」欄について、海外に納税地を有する場合、納税管理人の住所・氏名を入力してください。
    その他連絡先等の参考となる事項を入力してください。