本文へ 本文へ移動アイコン

(1) イメージデータで送信可能な手続とは

これまで、e-Taxで送信(提出)することができる手続は、国税庁が提供しているe-Taxソフトに対応している一定の手続に限定されており、e-Taxソフトに対応していない国税関係手続については、書面で作成のうえ、郵送等による提出をお願いしてきました。

令和3年1月から、e-Taxソフトに対応していない国税関係手続について、書面で作成いただいた申請書・届出書等をイメージデータ(PDF形式)に変換し、e-Taxソフトに組み込むことで、e-Taxで送信(提出)することが可能となりました。

イメージデータで送信可能な手続は以下のとおりです。

イメージデータで送信可能な手続一覧(令和3年7月1日現在)

  (PDF形式) PDFファイル  /  (Excel形式) EXCELファイル

※イメージデータで送信可能な手続において、法令の規定に基づき添付すべきこととされている書面等についても、併せて送信することが可能になります。

(2) 注意事項

① イメージデータで送信可能な手続一覧に該当しない手続をイメージデータで送信した場合

イメージデータで送信可能な手続一覧に該当しない手続は、法令上、イメージデータによる提出が認められていません。
この場合、改めてe-Taxによる電子データ(XML形式又はXBRL形式)の送信又は郵送等による書面提出を行う必要がありますのでご注意ください。

② 提出先(送信先)について

イメージデータで送信可能な手続は、提出先が税務署長の手続に限られます。
税務署長以外が提出先となる場合は、郵送等による書面提出をお願いします。
イメージデータで送信可能な手続の詳細は、「(1) イメージデータで送信可能な手続とは」をご確認ください。

③ PDFファイルの作成にあたって

PDFファイルの作成にあたっては、以下の点にご留意ください。

  • 解像度は200dpi相当以上
  • 赤色、緑色及び青色が256階調(24ビットカラー)以上
  • 目視により内容の確認が可能
  • パスワードを設定しない

④ データ容量・ファイル数

  • 1送信当たりのデータ容量はPDFファイル合計で最大8.0MB、ファイル数は最大136ファイルです。
  • 最大11回の送信が可能です。
    データ容量はPDFファイル合計で88.0MB(8.0MB × 11回)、ファイル数は最大1,496ファイル(136ファイル × 11回)まで送信可能です。

(3) 具体的な利用方法

以下の①~③の手順をご確認ください。
なお、事前に「e-Taxソフトのインストール」及び 申請・納税関係の最新バージョンを取得のうえ、「 利用者ファイルを作成 PDFファイル 」してください。

①PDFデータの作成

1.  「イメージデータで送信可能な手続一覧」から該当する手続の様式掲載URLをクリックします。

拡大表示


2. 以下の手順のとおり、PDFファイルを作成します。

【様式がPDF形式の場合】

様式を書面出力し、必要事項を記入のうえ、スキャナによりPDFファイルを作成します。

拡大表示

【様式がword形式又はexcel形式の場合】

1. 必要事項を入力のうえ、左上の「ファイル」をクリックします。

拡大表示

2. 「名前を付けて保存」をクリックします。

拡大表示

3. ファイルの種類:「PDF(*.pdf)」を選択します。

拡大表示

4. 「保存」をクリックすることで、PDFファイルの作成が完了します。excel形式の場合も同様です。

拡大表示


②申請書情報の入力

1. e-Tax ソフトを起動し、「作成」をクリックします。

拡大表示


2. 「新規作成」をクリックします。

拡大表示


3. 手続の種類に「申請・届出」、税目に「納税関係」を選択し、「次へ」をクリックします。

拡大表示


4. 下画面のとおり、「イメージデータで送信可能な手続」を選択し、「次へ」をクリックします。

拡大表示


5. 「申告・申請等名」に任意の名称を入力し、「OK」をクリックします。

拡大表示


6. 必要事項を入力し、「OK」をクリックします。

拡大表示


7. 「イメージデータで送信可能な手続」を選択し、「帳票編集」をクリックします。

拡大表示


8. 必要事項を入力し、「作成完了」をクリックします。

・申請手続名称には、正確な手続名称を入力してください。
・申請者と連絡先が異なる場合は、連絡先を必ず入力してください。

拡大表示


9. 「署名可能一覧へ」から、「イメージデータで送信可能な手続」を選択し、「署名」をクリックします。

拡大表示


10. 画面に従い、「署名」を行ってください。

拡大表示


11. 「署名」が完了すれば、申請書情報の入力は完了です。

拡大表示


③PDFデータの組み込み・送信

1. e-Tax ソフトを起動し、「作成」をクリックします。

拡大表示


2. 「新規作成」をクリックします。

拡大表示


3. 手続の種類に「申請・届出」、税目に「納税関係」を選択し、「次へ」をクリックします。

拡大表示


4. 下画面のとおり、「添付書類送付書」を選択し、「次へ」をクリックします。

拡大表示


5. 「申告・申請等名」に任意の名称を入力し、「OK」をクリックします。

拡大表示


6. 必要事項を入力し、「OK」をクリックします。

拡大表示


7. 手続名に「イメージデータで送信可能な手続」と入力し、「添付書類(PDF)の組み込み」をクリックします。

拡大表示


8. 「参照」からPDFファイルを指定し、「添付書類名称」欄に任意の名称を入力し、「OK」をクリックします。

拡大表示


9. 「作成完了」をクリックします。

拡大表示


10. 「署名可能一覧へ」から、「添付書類送付書」を選択し、「署名」をクリックします。

拡大表示


11. 画面に従い、「署名」を行ってください。

拡大表示


12. 「署名」が完了します。

拡大表示


13.  「送信可能一覧へ」の「単独送信不可申告・申請等一覧」から「添付書類送付書」を選択し、「紐付け」をクリックします。

拡大表示


14.  「申告・申請等一覧」から、「イメージデータで送信可能な手続」を選択し、「OK」をクリックします。

拡大表示


15.  「送信可能申告・申請等一覧」から、「イメージデータで送信可能な手続」を選択し、「送信」をクリックします。

拡大表示


送信が完了しましたら、送信結果をご確認ください。
詳細は、「e-Taxソフトで受付結果(受信通知)を確認するにはどうすればいいですか。」をご確認ください。