本文へ 本文へ移動アイコン

(1) ルート証明書とは

ルート証明書とは、証明書の発行元(認証局)の正当性を証明する証明書のことです。

e-Taxでは以下の認証局を信頼の基点としています。

  • 政府共用認証局(官職認証局)
  • 政府共用認証局(アプリケーション認証局2)
  • セコムパスポートfor WebSR3.0

利用者はe-Taxソフト等を利用するに当たり、上記の認証局を信頼の基点とすることに同意した上で、各認証局のルート証明書をパソコンにインストールする必要があります。
インストールしたルート証明書は、配付されたプログラム、受付システムから送信されたデータ、電子納税証明書、接続先のサーバが、本当に国税庁のものであるかを確認するために使用されます。

(2) ルート証明書・中間証明書の確認方法

ご利用のパソコンに政府共用認証局(官職認証局)及び政府共用認証局(アプリケーション認証局2)、セコムパスポートfor WebSR3.0のルート証明書、政府共用認証局(アプリケーション認証局2)及び セコムパスポートfor WebSR3.0の中間証明書がインストールされているかについては、以下の手順でご確認いただけます。

 e-Taxソフト(WEB版)をご利用される方は、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書(及び同合計表)」についてをご覧ください。

1. 以下の手順により、「インターネットオプション」を表示します。
 <Windows8.1をご利用の場合>
 マウスのカーソルを画面右上の外に出し「設定(歯車マーク)」→「コントロールパネル」→「インターネットオプション」を表示します。

<Windows 10をご利用の場合>
 Windowsの「スタート」メニューから「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」 →「インターネットオプション」を表示します。

2. 「コンテンツ」タブをクリックし、「証明書(C)」をクリックします。

拡大表示


3. 「信頼されたルート証明機関」タブを選択し、以下の発行者の証明書があることを確認します。
  • ApplicationCA2 Root(政府共用認証局(アプリケーション認証局2)のルート証明書)
  • OfficialStatusCA(政府共用認証局(官職認証局(SHA-2))のルート証明書)
  • Security Communication RootCA2(セコムパスポートfor WebSR3.0のルート証明書)

拡大表示


4. 「中間証明機関」タブを選択し、 以下の発行者の証明書があることを確認します。
  • ApplicationCA2 Sub(政府共用認証局(アプリケーション認証局2)の中間証明書)
  • SECOM Passport for Web SR 3.0 CA(セコムパスポートfor WebSR3.0の中間証明書)

拡大表示