本文へ 本文へ移動アイコン

お知らせ

掲載日:令和4年10月21日

通算法人が別表18(3)を作成する際のe-Taxソフトの不具合について

令和4年9月20日(火)に受付を開始しました「別表18(3)」(HOE780)について、通算法人がe-Taxソフトを利用した申告の際、「基準雇用者数[4]」欄に0(ゼロ)未満の数字が入力できない不具合を確認しています(下記の不具合イメージをご参照ください。)。

本不具合の改修は、令和5年3月頃を予定しております。改修が終わり次第、当ホームページにてお知らせいたします。

改修が行われるまでは、「基準雇用者数[4]」欄が0(ゼロ)未満となる場合には、「0(ゼロ)」を入力していただくようお願いします。
また、「別表6(24)付表2」(特定新規基準雇用者割合及び特定非新規基準雇用者割合の計算に関する明細書)の「基準雇用者合計数[5]」欄を入力する際には、別表18(3)の[4]欄において0(ゼロ)未満を含めて計算した正しい計算結果を入力いただくようお願いします(下記の別表6(24)付表2入力イメージをご参照ください。)。
なお、別表6(24)付表2は、令和5年1月から受付開始を予定していますので、それまではリリース前別表としてイメージデータ(PDF形式)による提出が可能となっています。

利用者の皆様には、ご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

不具合イメージ

拡大表示

 

別表6(24)付表2入力イメージ

拡大表示

 


(注1) ベンダソフトにおいて、別表18(3)の「4」欄に0(ゼロ)未満の数字を含めたデータにより送信を行った場合、受信通知にスキーマチェックエラーのメッセージが表示されます。
(注2) 別表18(3)の[4]欄に、0(ゼロ)未満の数字を含めたxtxデータを組み込んだ場合、次のように画面にスキーマチェックエラーのメッセージが表示されます。

e-Taxソフト(PC版)にxtxデータを組み込んだ場合


e-Taxソフト(WEB版)にxtxデータを組み込んだ場合