本文へ 本文へ移動アイコン

お知らせ

掲載日:令和4年9月16日

更新日:令和4年9月29日

e-Tax仕様書の誤りについて「別表18(1)付表1」(HOE760)

【令和4年9月29日追記】
利用者(納税者)の皆さまの影響が最小となるように、令和4年10月中旬頃に「0(ゼロ)」が初期表示されるように暫定的な改修を予定しております。
同時期に当改修に関する仕様書を公開予定ですので、公開しましたら改めて当ホームページでお知らせいたします。

また、本格的な改修は、令和5年3月頃を予定しております。
同時期に当改修に関する仕様書を公開予定ですので、公開しましたら改めて当ホームページでお知らせいたします。

令和4年9月20日(火)に受付開始予定のe-Tax仕様書のうち、「別表18(1)付表1」(HOE760)の仕様に誤りがあり不具合が発生しておりますのでお知らせいたします。
不具合の内容については、以下の通りです。

修正後の仕様書について、公開時期が決定次第、当ホームページにてお知らせいたします。
関係者の皆様にはご迷惑をおかけしますこと、お詫び申し上げます。

不具合の内容


「別表18(1)付表1」は通算親法人、通算法人A~D、計の枠ごとに明細行2行目から10行目について、繰返し処理が行われております。
繰り返し処理を行う明細行の項目については、出現回数順に表示されますが、未入力の行はタグ無しとなり、以降のタグ有りデータが上に詰められて表示されることになります。
これにより、左側(通算親法人、通算法人B、通算法人D)の金額項目については、事業年度に紐づき対応していますが、右側(通算法人A、通算法人C、計)の金額入力欄については事業年度と対応していないことから、各行の値がすべて空欄の場合には、行ごと上に詰まることにより、帳票左側の事業年度との整合性がとれないといった不具合が発生します。

不具合のイメージ

拡大表示

「0(ゼロ)」の入力イメージ

拡大表示