本文へ 本文へ移動アイコン

(1) e-Taxとは

e-Tax(国税電子申告・納税システム)とは、所得税、消費税、贈与税、印紙税、酒税などの申告や法定調書の提出、届出や 申請などの各種手続をインターネットを通じて行うことができるものです。
また、税金の納付も、ダイレクト納付やインターネットバンキング、ペイジー(Pay-easy)対応のATMを利用して行うことができます。

e-Taxを利用することで、自宅や事務所などから申告や納税などの手続を行うことが可能です。
また、e-Taxに対応した税務・会計ソフトを利用すれば、会計処理や申告などのデータ作成から提出までの一連の作業を電子的に行うことができ、 事務の省力化やペーパレス化につながります。

【e-Tax連携イメージ】

e-Tax連携イメージ

拡大表示

(2) セキュリティ対策

e-Taxを利用するに当たって利用者の方が安心して申告等の手続を行えるよう、個人情報などの情報セキュリティの確保には万全を期しています。
詳細につきましては、「セキュリティ対策について」及び 「セキュリティの検証について」をご覧ください。

(3) 利用可能手続

e-Taxで利用することができる手続に関して、目的やソフト・コーナー別に一覧形式で確認することができます。 詳細につきましては、「利用可能手続一覧」をご覧ください。

(4) 利用可能ソフト・コーナー

パソコンでご利用いただけるダウンロード型の「e-Taxソフト」やWEB型の「e-Taxソフト(WEB版)」のほか、スマートフォン向けの「e-Taxソフト(SP版)」や金融機関向けの 「NISAコーナー」など、デバイスや目的に応じて、各ソフト・コーナーをご利用ください。

(5) e-Taxの沿革