相続税申告の作成・提出についてよくある質問

 キーワードを入力することで、「よくある質問(Q&A)」内を検索することができます。
 複数のキーワードで検索する場合は、単語と単語の間に全角(又は半角)スペースを1文字分挿入してください。


  1. 何年分の申告書をe-Taxで提出(送信)することができますか。
  2. 相続税の申告書の提出(送信)は、どの税務署に行うのですか。
  3. e-Taxにより提出(送信)可能な相続税の申告書には、どのようなものがありますか。
  4. 納税猶予等の特例の適用を受ける場合など、e-Taxに対応していない申告書(申告書第3表や第8の8表など)の提出が必要な場合は、電子申告をすることはできないのですか。
  5. 申告書等の一部に送信漏れがあったため、再度送信したいのですが、送信漏れの申告書等を単独で送信することはできますか。
  6. 相続税の修正申告書をe-Taxにより提出(送信)することはできますか。
  7. 財産取得者が一般社団法人等の場合、e-Taxにより申告を行うことができますか。
  8. 新たにe-Taxを利用するために必要な「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」の提出は、どの税務署に行うのですか。
  9. 所得税や贈与税などの申告をe-Taxにより行うために、既に利用者識別番号を取得している場合、相続税申告のe-Taxのために、改めて「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」を提出して利用者識別番号を取得する必要がありますか。
  10. 申告書はどのようにして作成・送信するのですか。
  11. 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で相続税の申告書を作成することはできますか。
  12. 書面における申告と同様に、相続税申告のe-Taxにおいても複数の財産取得者の申告をまとめて連署により行うことができますか。
  13. 受付結果(受信通知)を確認するにはどうすればいいですか。
  14. 相続税の申告をe-Taxにより行う場合には、所得税の確定申告を行う場合の「生命保険料控除の証明書」や「寄附金控除の証明書」のように、添付書類について提出を省略できるものはありますか。


【参考】
 国税庁ホームページにも「相続税申告書の代理送信等に関するQ&A(PDF形式:約1,013KB)」を掲載しておりますので、併せてご確認ください。

ページ先頭へ