• ホーム >
  • システムを利用するに当たって

システムを利用するに当たって

(1) システムを利用する前に必ずお読みください

 このホームページは、国税庁が開発し運営する「国税電子申告・納税システム(以下「e-Tax」といいます。)」を円滑に利用していただくために、e-Taxの概要や手続の流れ、法令等(利用規約及びe-Taxソフト使用許諾書を含みます。)に規定する事項など、納税者の方々がe-Taxを利用して申告、納税及び申請・届出等を行うために必要な情報を提供するものです。

 また、このホームページの掲載内容は、随時内容を更新しますので、利用する際に、掲載されている最新の内容に従って、e-Taxを利用してください。

 なお、e-Taxの利用に当たっては、「国税電子申告・納税システムの利用規約」の内容について、同意いただいた上で、ご利用いただくことを前提としておりますので、ご注意ください。

ページ先頭へ

(2) 基本的な考え方

 我が国では、政府全体として「e‐Japan重点計画2002」(平成14年6月18日高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部決定)等により、コンピュータやインターネットの活用による多様かつ質の高い公共サービスの提供を通じた国民生活の全般的な質の向上を図るため、電子政府の実現に向けた施策を推進しています。

 国税庁においても、電子政府実現の一環として、現在書面を用いて行われる申告、納税及び申請・届出等について、納税者利便の向上を図る観点から、インターネット等を利用した手続が可能となるようe-Taxの開発を進めてきました。

 e-Taxにおいては、納税者の方々が安心してシステムの利用をしていただけるように申告等データの暗号化や電子証明書等の認証技術によって、データの改ざんや盗聴を防止して、セキュリティの確保に万全を期しています。

ページ先頭へ