初期登録までの流れ

1 e-Taxソフトのインストール

 初期登録を行うためのルート証明書やe-Taxソフトのダウンロード及びインストールについて説明しています。

ページ先頭へ

2 e-Taxソフトのバージョンアップ

 e-Taxソフトを利用する際には、常にe-Taxソフトが最新状態となるようバージョンアップが必要です。
 必ず「e-Taxソフト更新履歴」及びe-Taxソフト起動時のバージョンアップ情報を確認し、e-Taxソフトをバージョンアップしてください。

ページ先頭へ

3 初期登録作業

(1)初期登録作業(利用者識別番号等をオンラインで取得された方)


 e-Taxソフトを起動させ、利用者ファイルを作成した後、受付システムにログインし、電子証明書等の登録等を行います。


(2)初期登録作業(利用者識別番号等を通知書(書面)で取得された方)


 e-Taxソフトを起動させ、利用者ファイルを作成した後、受付システムにログインし、暗証番号の変更、納税用確認番号等の登録及び電子証明書等の登録等を行います。

ページ先頭へ

「確定申告書等作成コーナー」から直接送信される方の初期登録について

【ご案内】

 個人の方は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用すると、e-Tax用の申告等データを作成することができ、e-Taxソフトを利用しなくても、そのデータを直接e-Taxに送信することができます。
 「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxへ送信するために必要な開始届出書の提出や電子証明書の登録等は、国税庁ホームページの「確定申告特集」から一連の操作で行っていただけます。

確定申告特集へ進む

  • (注) 「確定申告書等作成コーナー」で利用することができる電子証明書は、地方公共団体が交付する「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」又は日本税理士会連合会が発行する「税理士証明書発行サービスに係る認証局が作成する電子証明書」のみです。その他の電子証明書を登録する場合には、国税庁が提供するe-Taxソフトを使用してください。

ページ先頭へ