本文へ 本文へ移動アイコン

添付書類のイメージデータによる提出についてよくある質問くある質問

更新日:令和2年7月1日

添付書類のイメージデータによる提出は、どのような方法で行うのですか。

添付書類のイメージデータによる提出は、次の方法で行うことができます。


送信方式 内容 送信可能回数
同時送信方式 申告・申請等データの送信時に、当該データと添付書類のイメージデータを同時に送信する方式 1回
追加送信方式 申告・申請等データの提出送信後に、受信通知から別途、添付書類のイメージデータを追加で送信する方式
※イメージデータの送信の基となる申告・申請等データの受信通知がメッセージボックスに格納されてから、1年間利用できます。
10回まで送信可能

※同時送信方式と追加送信方式を併用した場合、申告・申請等データの送信ごとに最大11回までイメージデータを送信することができます。

なお、ご利用の税務・会計ソフトがイメージデータ送信に対応していない場合は、e-Taxソフト(WEB版)又はe-Taxソフト(PC版)で、申告・申請等データの受信通知から当該データに係る添付書類を追加送信することが可能です。
おって、令和2年4月以後の申告から、法人税及び地方法人税申告書に係る一部の添付書類は、光ディスク等により提出することが可能です。詳しくは、「光ディスク等による提出に当たっての留意事項」を参照してください。


(参考) e-Taxソフトでイメージデータを送信する方法