• ホーム >
  • 国税庁からの連絡を装った不審なメールについて(平成31年1月22日)

国税庁からの連絡を装った不審なメールについて(平成31年1月22日)

 「所得税に関する重要なお知らせ」などの件名で、国税庁からの連絡を装った不審なメールが送信されていることを把握しました。
 国税庁では、e-Taxの利用にあたり、メールアドレスを登録している方に対して、メッセージボックスに情報が格納された際などに、登録しているメールアドレス宛てに「e-Tax(国税電子申告・納税システム)‹info@e-tax.nta.go.jp›」の 送信元表記で、定型文の「税務署からのお知らせ」メールを送信しています。
 定型文に当てはまらない「税務署からのお知らせ」メールについては、酷似又は偽装したメールであり、e-Taxから送信したものではありません。
 このようなメールを受信された場合は、メールを開封せずに削除するなど、取り扱いには十分にご注意ください。
 e-Taxから送付する「税務署からのお知らせ」メールの件名等については、「「税務署からのお知らせ」メールが届いた方へ 」をご確認ください。


ページ先頭へ