e-Taxホームページの暗号化について(令和1年11月1日)

 インターネット通信に暗号技術を用いてセキュリティ強化する取り組みが民間及び海外政府で進められています。
 国税庁においても、第三者による情報の改ざんやなりすまし等により、ウェブサイト利用者が不利益を被らないよう、国税庁が提供するウェブサイトは、令和2年4月以降、常時暗号化することを予定しています。
 これにより、セキュリティが強化され、より安全かつ安心にご利用いただくことが可能になります。
 詳細については、国税庁ホームページの「国税庁が提供するウェブサイトの常時暗号化」をご確認ください。

 国税庁が提供するウェブサイトの一つであるe-Taxホームページについては、令和1年11月1日(金)より全てのページを対象に暗号化を行うことでHTTPSから始まるURLでの接続が可能となりました。
 今後は、以下のとおり、冒頭に『https』を付記した暗号化後のURLからのアクセスをお願いいたします。
 なお、令和2年3月末までは、常時暗号化までの移行期間として、現行URLのままでもウェブサイトを閲覧いただけます。

現行URL http://www.e-tax.nta.go.jp/
暗号化後のURL https://www.e-tax.nta.go.jp/

※『http』でのアクセスは、令和2年4月以降、自動的に『https』に転送されます。
 また、古いOSのパソコンを利用している場合は、『https』でのアクセスができないため、ウェブサイトへの接続ができなくなります。

ページ先頭へ