電子申告の義務化の対象法人が書面により提出した場合はどうなりますか。

 電子申告の義務化は、申告方法をe-Taxに限定するもので、書面による申告書の提出は認められません。
 このため、電子申告の義務化の対象となる法人が、e-Taxにより法定申告期限までに申告書を提出せず、書面により提出した場合、その申告書は無効なものとして取り扱われることとなり、無申告加算税の対象となりますので、ご注意ください。
 なお、法定申告期限までに書面により申告書を提出した後、法定申告期限後にe-Taxにより提出した場合でも同様です。

ページ先頭へ