(2) コード署名の検証

 e-Taxソフトのインストール開始時に、プログラムに付与されているコード署名が検証されます。

 証明書の失効確認を行う場合には、以下の手順で確認を行います。


  1.  「ユーザーアカウント制御」画面で「この発行元の証明書に関する情報を表示する」という部分のリンクをクリックします。

    1の説明図
     証明書の情報が表示されます。



  2.  「詳細」タブを選択します。
     プログラムの作成元の証明書のシリアル番号を確認することができます。

    2の説明図



  3. セコムパスポートfor WebSR3.0の公開情報から、失効している証明書のシリアル番号を確認します。
    以下のURLをクリックします。

    http://repo1.secomtrust.net/spcpp/pfm20pub/ca6/fullCRL.crl



  4.  画面下部に以下の画面が表示されますので、「ファイルを開く」をクリックします。

    ファイルのダウンロード画面



  5.  セコムパスポートfor WebSR3.0の失効リストが表示されます。

    失効リスト画面1



  6.  「失効リスト」タブをクリックします。

    失効リスト画面2



  7.  失効したコード署名証明書等が表示されます。
     2で確認したシリアル番号と照合してください。
     証明書が失効していた場合は、ヘルプデスクにお問い合わせください。

ページ先頭へ

→次へ(暗号化通信の検証)