本文へ 本文へ移動アイコン

(1) 各標準フォーム等

e-Taxにおける財務諸表の提出については、令和2年4月以後の申告から、CSV形式による提出も可能です。
CSV形式データは、「(2) CSV形式データ作成に当たっての留意事項」をご確認の上、各財務諸表ごとの「勘定科目コード」を使用し「 (3) 財務諸表CSV形式データの具体的な作成方法」の「CSV形式データのレコードの内容等」に沿って作成・提出していただきますようお願いします。
なお、CSV形式データの作成に当たっては、掲載しています「標準フォーム」をご活用ください。
併せて、作成されたCSV形式データが留意事項等に沿っているか確認できる「CSVファイルチェックコーナー」もご利用ください。


1. 財務諸表(貸借対照表)の勘定科目コード表及び標準フォーム


2. 財務諸表(損益計算書)の勘定科目コード表及び標準フォーム


3. 財務諸表(その他)の勘定科目コード表及び標準フォーム


(2) CSV形式データ作成に当たっての留意事項

(1) 半角文字の「,(カンマ)」の取扱い

半角文字の「,(カンマ)」は、各項目の区切り以外には記録しないでください。

≪例≫ 半角で金額を記録する場合
 正:1234567890
 誤:1,234,567,890

【注意1】負の数値を記録する場合
負の数値を記録する場合には、半角で「-(マイナス)」の1文字を数字の先頭に記録してください。 なお、正の数値を記録する場合には、半角文字の「+(プラス)」の記録は不要です。

【注意2】各項目の区切り以外に「,(カンマ)」を記録する場合
各項目の区切り以外(例えば名称等)に「,(カンマ)」を記録する場合には、全角文字の「,(カンマ)」を記録してください。


(2) 外字の取扱い

JIS第1水準及び第2水準以外の漢字、カナ、記号等(以下「外字等」といいます。)及び半角文字は、次のとおり取り扱ってください。
なお、e-Taxで利用可能な文字は「 利用可能文字一覧 PDFファイル 」をご確認ください(「(5)ファイル名についての留意事項」も同様です。)。
使用できない文字については網掛け表示をしています。

 外字等がいわゆる異字体又は旧字体の場合で、それらを統一文字又は新字体に変換できるものは、それぞれの文字に変換してください(変換できない外字等は、ハ及びニに準じて記録してください。)。

≪例≫ 「大藏」 ⇒ 「大蔵」
    「齊藤」 ⇒ 「斉藤」

 半角文字のカナ、英数字、記号、丸付き数字、カッコ付き外字等は、JIS第1水準及び第2水準の全角文字に変換してください。

 法人名に使用されている外字等で、変換できない外字等が含まれている場合には、その人名を全てカナで記録してください。

 勘定科目等に使用されている外字等のうち変換できない外字等は、カナで記録してください。


(3) 濁点等を含む文字の取扱い

濁点又は半濁点を含む文字については1文字で記録し、濁点「゛」及び半濁点「゜」のみを1文字として記録しないでください。

≪例≫ 正:「ガ」
    誤:「カ゛」


(4) 文字数あふれの取扱い

記録するそれぞれの項目については、可能な範囲で「 CSV形式データのレコードの内容等 PDFファイル 」で設定されている文字数内で記録していただきますようお願いします。


(5) ファイル名についての留意事項

 ファイル名の命名規則(原則)
 ファイル名については、以下の形式で記録してください。

【財務諸表を2種類以上e-Taxで送信する場合(光ディスク等で提出する場合も同様です。)】
 〇 財務諸表の種類ごとにCSVファイルを作成する場合
  「様式ID_バージョン_財務諸表種類※.csv」
 〇 2種類以上の財務諸表を1つのCSVファイルで作成する場合
  「様式ID_バージョン.csv」

【財務諸表を1種類のみe-Taxで送信する場合(光ディスク等で提出する場合も同様です。)】
  「様式ID_バージョン_財務諸表種類※.csv」又は「様式ID_バージョン.csv」

※「財務諸表種類」は半角文字で次のとおり記録してください。
 貸借対照表:BS
 損益計算書:PL
 製造原価報告書:SC
 個別注記表:NT
 株主資本等変動計算書:SS
 社員資本等変動計算書:SE
 損益金の処分表:SR

【注意1】「様式ID」は「HOT010」、「バージョン」は「3.0」になります。

【注意2】ファイル名に誤りがある場合、作成されたファイルが何の書式データであるか判別が付かず、送信ができませんのでご注意ください。

 ファイル名の文字数(法人の任意)
 ファイル名については、上記イによるほか、バージョンの後ろに半角文字で「_(アンダーバー)」を付けることで、財務諸表等の名称等の設定が可能となり、 「様式ID_バージョン_財務諸表種類_任意の文字列.csv」又は「様式ID_バージョン_任意の文字列.csv」とすることができます。
 (例:「HOT010_3.0_BS_令和2年3月期.csv」又は「HOT010_3.0_令和2年3月期.csv」等)
 ただし、その場合のファイル名の文字数は、全角及び半角を問わず、拡張子「.csv」を含め125文字以内とする必要があることにご注意ください。

(参考)
国税庁が提供する標準フォーム(貸借対照表及び損益計算書の場合のみ)を使用してCSVファイルを作成した場合のファイル名は、「様式ID_バージョン_財務諸表種類_業種番号※_.xlsx」としておりますので、 この標準フォームに必要なデータを入力後、
 ① そのままCSV形式データに変換
 ② 業種番号の次の「_(アンダーバー)」の次に任意の文字列を追加し、CSV形式データに変換
のいずれの方法によっても送信いただくことが可能です。
なお、業種番号については削除していただいても差し支えありません。
※「業種番号」については、「CSV形式データのレコードの内容等」の6頁(参考2)をご確認願います。

 ファイル名に利用できない文字
 ファイル名の記録に当たっては、「\」、「/」、「:」、「*」、「?」、「"」、「<」、「>」、「|」、タブ、改行を使用しないでください。


(6) 複数のCSVファイルを同時送信する場合の留意事項

財務諸表の種類ごとにCSVファイルを作成し、作成した複数のCSVファイルを同時に送信する場合は、各CSVファイルに記録した「法人名」、「事業年度(自)」及び「事業年度(至)」の内容が同じである必要がありますのでご注意ください。
なお、財務諸表のCSVファイルを複数同時に送信する場合、各CSVファイルには1つの財務諸表のみ作成してください。

【注意】同じ財務諸表種類(例えば、貸借対照表と貸借対照表)について、各財務諸表を1つずつCSVファイルで作成した場合でも、同時に送信することはできません。


(7) その他の留意事項

国税庁が提供する標準フォームを使用されない場合は、次の事項にご留意ください。

 記録すべき申告事項等がない場合
記録すべき申告事項等がない項目は、項目の区切りを表す半角文字の「,(カンマ)」のみを記録してください(CSV形式では、必ず半角文字の「,(カンマ)」で項目が区切られている必要があります。)。

① 最終項目の欄に記録すべき申告事項等がない場合

≪例≫ 正:前の項目,
    誤:前の項目 (前の項目が区切られていない。)

② 最終項目の欄以外で、記録すべき申告事項等のない項目の欄がある場合

≪例≫ 記録すべき項目が3項目あるが、2つ目の項目に記録すべき事項がない場合
 前の項目,,後の項目

 文字列を改行する場合
文字列を改行する場合は、文字列全体を「"(ダブルクォーテーション)」で囲んでください。

(3) 財務諸表CSV形式データの具体的な作成方法

財務諸表CSV形式データは、「 CSV形式データのレコードの内容等 PDFファイル 」に記載の内容をご確認の上、作成をお願いします。 なお、財務諸表CSV形式データの作成に使用する勘定科目コードは、各財務諸表の勘定科目コード表から該当するコードを選択し、設定してください。具体的な作成方法は、以下のイからハをご確認ください。 また、「勘定科目コード表に記載のない勘定科目コードの設定方法」、「繰り返し設定可能勘定科目コードの設定方法」及び「貸借対照表を勘定式で帳票表示させる場合の設定方法(e-Taxソフト(WEB版))」は、 「 勘定科目コード表に記載のない勘定科目コード等の設定方法 PDFファイル 」をご確認ください。

財務諸表のCSV形式データ(Ver.2)を作成する場合は、こちら

(4) 勘定科目コード検索ツール

貸借対照表及び損益計算書の勘定科目コードの検索に当たっては、勘定科目コード検索ツールをご活用ください。
検索ツールは、①類似する勘定科目コードの検索が可能な「個別検索」②複数の勘定科目コードの同時検索が可能な「一括検索」の2種類を掲載しています。
なお、「一括検索」では検索結果を利用して、e-Taxで提出可能な財務諸表CSV形式データを作成することができます。詳しくは、「 操作方法 PDFファイル 」をご確認ください。

勘定科目コード検索ツール
① 個別検索 ② 一括検索
貸借対照表

個別検索(貸借対照表) EXCELファイル

一括検索(貸借対照表) EXCELファイル

損益計算書

個別検索(損益計算書) EXCELファイル

一括検索(損益計算書) EXCELファイル

(5) CSVファイルチェックコーナー

作成いただいたCSV形式データについて、「CSVファイルチェックコーナー」をご利用いただくことで、国税庁が公開しているレコードの内容及び留意事項に沿っているかどうか確認することができます。

リンクアイコン CSVファイルチェックコーナー 別ウィンドウで開く

(6) 財務諸表のCSV形式データの提出方法

作成した財務諸表のCSV形式データは、e-Taxソフトに組み込んで送信又は光ディスク等に保存して提出することができます。
e-Taxに組み込んで送信する場合は、e-Taxソフト操作マニュアルの「 法人税申告の財務諸表等を組み込む PDFファイル 」をご参照ください。
光ディスク等に保存して提出する場合は、「光ディスク等による提出に当たっての留意事項」をご確認の上、提出してください。

(7) よくある質問

財務諸表のCSV形式データの作成及び提出方法についてご不明な点は、「財務諸表のデータ形式の柔軟化(CSV形式)についてよくある質問」をご確認ください。