本文へ 本文へ移動アイコン

2. 利用に当たっての事前準備

更新日:令和2年7月1日

電子申告等開始届出書を提出した後に税務署から送付されるものは、どのようなものがありますか。

 電子申告等開始届出書を書面で提出された方には、届出の区分に応じて、以下のものが送付されます。

【申告・納税等手続を選択された方】
  1. 利用者識別番号、暗証番号を記載した通知書
  2. 各種チラシ
    1. 「e-Taxのご利用に当たって」
    2. 「国税電子申告・納税システムの利用規約」
    3. 「納付手続の方法・納付に当たっての留意事項」

(注) e-Taxソフトについては、当ホームページからのダウンロードにより提供いたします。
詳しくは、「e-Taxソフトの提供について」をご覧ください。


【特定納税専用手続を選択された方】
  1. 利用者識別番号、納税用確認番号、納税用カナ氏名を記載した通知書
  2. 各種チラシ
    1. 「国税電子申告・納税システムの利用規約」
    2. 「納付手続の方法・納付に当たっての留意事項」

また、e-Taxを利用していただくためには電子証明書を事前に取得していただく必要があるほか、e-Taxソフトのインストールや申告等データの作成作業に加え、利用者識別番号等の通知書等が利用者等のお手元に届くまで、電子申告等開始届出書を提出いただいてから、最短で1週間程度要しますので、利用開始を希望される時期以前に十分余裕をもって提出してください。

なお、オンラインで電子申告等開始届出書を提出した場合、利用者識別番号等がオンラインで発行(通知)されるため、税務署から送付されるものはありません。
オンラインで提出する場合