「環境チェック結果」画面の「確認対象:Safari機能拡張」で判定結果「×:ブラウザの設定を見直し、機能拡張が利用可能な状態にしてください。」と表示されましたが、どうやって解決すればいいですか。《Macintoshをご利用の方》

 以下の操作を順番に行っていただき、エラーが解決するかご確認ください。

  1.  「閉じる」をクリックして、「環境チェック結果」画面を閉じます。
     ※ 「確認対象:事前準備セットアップ」については、Safari機能拡張が有効な状態でないと、判定することができません。
     「閉じる」をクリックして、「環境チェック結果」画面を閉じます。

    ページ先頭へ

  2.  メニューバーより「Safari」を選択し、「環境設定」をクリックします。

    ページ先頭へ

  3.  機能拡張から「e-Taxソフト(WEB版)」にチェックを入れます。

    ※ 上記画面でe-Taxソフト(WEB版)が表示されない場合は、事前準備セットアップインストーラがインストールされていません。
     「事前準備セットアップ」から事前準備セットアップインストーラを取得し、インストールマニュアルを確認の上、お使いのパソコンのOS、ブラウザに対応した「事前準備セットアップ」ツールをパソコンにダウンロードした上でご利用ください。

    ページ先頭へ

  4.  メニューバーの「Safari」から「Safariを終了」をクリックします。
     ※ ブラウザの設定を変更した後に、ブラウザの再起動を行う必要があります。
     メニューバーの「Safari」から「Safariを終了」をクリックします。

    ページ先頭へ

  5.  ブラウザを再起動し、e-Taxソフト(WEB版)にアクセスし、オプションメニューから「ご利用環境のチェックを行う方はこちら」の「こちら」をクリックします。

    ページ先頭へ

  6.  「環境チェック結果」画面が表示されますので、「判定結果」がすべて「○」であれば、正常にe-Taxソフト(WEB版)をご利用いただけます。
     なお、「確認対象:OS」又は「確認対象:ブラウザ」で判定結果「△」が表示された方は 「「環境チェック結果」画面の「確認対象:OS」又は「確認対象:ブラウザ」で判定結果「△:e-Taxホームページで最新の推奨環境を確認してください。」と表示されましたが、どうやって解決すればいいですか。《Macintoshをご利用の方》」 をご参照ください。

    ページ先頭へ