「ICカードを認識できませんでした。設定を確認の上、再試行してください。」と表示されました。どうすればいいですか。

 「ICカードを認識できませんでした。」と表示される原因として、次の事由が考えられます。

  1.  ICカードリーダライタを使用するための設定作業(デバイスドライバのインストール)が正しく行われていない。
  2.  認証局からCD-ROM等で提供されるプログラムのインストールが正しく行われていない。
  3.  ICカードが正常にセットされていない。
  4.  ICカードリーダライタが正常に接続されていない。

 なお、「1 デバイスドライバのインストール」→「2 認証局から提供されるプログラムのインストール」の順番でインストールを行ってください。 

  • (注1) デバイスドライバのインストール
     ICカードリーダライタの使用に当たっては、購入時に付属されているインストールマニュアル等(紙媒体及びCD-ROM等で確認)の手順に従って設定作業を行ってください。
     なお、ICカードリーダライタがお使いのパソコンのOSに対応しているかどうかについては、ICカードリーダライタの製造元にご確認ください。
  • (注2) 認証局から提供されるプログラムのインストール
     ICカードリーダライタのデバイスドライバのインストールが完了した後、認証局から提供されたプログラム(公的個人認証局の電子証明書の場合、「公的個人認証サービスポータルサイト」(外部サイト)からダウンロードします。)をインストールします。
     この認証局から提供されるプログラムのインストールを行わなければ、e-Taxソフトにおいて電子証明書の登録作業を完了することができませんので、確実にインストールし、設定の確認作業を行ってください。
     なお、認証局から提供されるプログラムがお使いのパソコンのOSに対応しているかどうかについては、認証局にご確認ください。

ページ先頭へ