源泉所得税及復興特別所得税の納付を電子納税で行う場合の手続の流れはどのようになりますか。

 源泉所得税及復興特別所得税を電子納税する場合、以下の手順により行います。

【e-Taxソフトをご利用の場合】

  1.  徴収高計算書データを作成し、受付システムに送信します。
     (作成メニューの「申請・届出」より選択の上作成してください。)
  2.  メッセージボックスに格納される「受信通知(手続名)」の詳細表示を確認してください。
  3.  詳細表示の画面で『インターネットバンキング』からインターネットバンキングを利用している金融機関にログインしてください。 なお、直接金融機関のインターネットバンキングやATMを利用して納付することも可能ですが、その場合には、収納機関番号、利用者識別番号、納税用確認番号及び納付区分番号をあらためて入力する必要があります。
  4.  税目、納付金額等が表示されますので、確認の上、納付してください。

【e-Taxソフト(WEB版)をご利用の場合】

  1.  徴収高計算書データを作成し、受付システムに送信します。
     (「申告・申請」より選択の上作成してください。)
  2.  「送信結果・お知らせ」をクリックして、「メッセージボックス一覧」に格納される「受信通知(納付区分番号通知)」を確認してください。
  3.  「受信通知(納付区分番号通知)」の画面で「納付区分番号はこちら」をクリックして、『インターネットバンキング』からインターネットバンキングを利用している金融機関にログインしてください。なお、直接金融機関のインターネットバンキングやATMを利用して納付することも可能ですが、その場合には、収納機関番号、利用者識別番号、納税用確認番号及び納付区分番号をあらためて入力する必要があります。
  4.  税目、納付金額等が表示されますので、確認の上、納付してください。
  • (注) 上記インターネットバンキング等を利用する以外に、ダイレクト納付を利用して納付する方法もあります。
     なお、ダイレクト納付を利用するに当たっては、事前に税務署へ届出等の手続きを行っておく必要があります。
     詳しくは、ダイレクト納付による納税手続をご覧ください。

ページ先頭へ