ダイレクト納付による納税手続

 ダイレクト納付では、事前に税務署へ届出等をしておけば、e-Taxを利用して電子申告等又は納付情報登録をした後に、届出をした預貯金口座からの振替により、簡単なクリック操作で即時又は期日を指定して納付することが可能です。
 また、電子申告等(申告等データの送信)により利用が可能な税目は、源泉所得税、法人税、地方法人税、消費税及地方消費税、申告所得税、贈与税、酒税、印紙税、源泉所得税及復興特別所得税、申告所得税及復興特別所得税、復興特別法人税となりますが、納付情報登録(納付情報データの送信)を行えば、これらの税目にかかわらず全税目の納税を行うことも可能です(徴収高計算書データの送信及び納付情報データの送信に当たっては、電子証明書は不要です。)。

 なお、従来から各省庁等に対する登記・登録等の申請・届出等手続に伴って納付を行っている登録免許税や自動車重量税について電子納税を行う場合は、申請・届出等手続を所管する各省庁等の電子申請・届出等手続に併せて納付を行っていただくことになります。詳しくは申請・届出等手続を所管する各省庁等のホームページ等でご確認ください。

 ダイレクト納付による納税手続の手順は、以下のとおりです。

1. 申告等データの作成・送信

 「申告等データ」又は「納付情報データ」を作成し、e-Taxを利用して送信します。

ページ先頭へ

2. ダイレクト納付の利用

 「申告等データ」又は「納付情報データ」の送信後、メッセージボックスに格納される受信通知を確認し、「今すぐに納付される方」又は「納付日を指定される方」のいずれかを選択します。

(注)

  1. メッセージボックスの内容を確認するためには、e-Taxホームページのトップページにある「受信確認(ログイン)」をクリックしてお進みください。
  2. 納期限当日に申告等データを送信した場合は、納付日を指定して納付することはできません。
  3. ダイレクト納付ボタンの有効期間は、「申告等データ」又は「納付情報データ」の送信日から2か月間です。

ダイレクト納付の利用

ページ先頭へ

3. 納付状況の確認

 納付手続完了後、「ダイレクト納付完了通知」がメッセージボックスに格納されます。

(注1) 納付できなかった場合、残高不足等の「ダイレクト納付エラー通知」が格納されますので、必ず納付状況(エラー情報)の確認をお願いします。
(注2) 納付日を指定して納付された方は、指定した期日の午前中にメッセージボックスの内容をご確認ください

4. e-Taxソフト(WEB版)からダイレクト納付

 e-Taxソフト(WEB版)を利用すると納付情報の登録からダイレクト納付までを行うことができます。

ページ先頭へ