添付書類も電子的に提出できますか。

 一部の書類を除き、電子的に提出できます。
 所得税申告における青色申告決算書や収支内訳書、法人税申告における損益計算書など利用者自らが作成する添付書類のうち、様式が指定されているもの又はデータを記述する規格が存在するものについては、e-Taxソフトでデータが作成できますので、申告等データとともに送信可能です。
 電子申告で提出可能な添付書類については、「利用可能手続一覧」を参照してください。

  • ※  平成28年4月1日(金)から、e-Taxで申告、申請・届出等を提出(送信)する場合、別途書面により提出する必要がある特定の添付書類については、イメージデータ(PDF形式)による提出が可能となりました。
     詳細については、「添付書類のイメージデータによる提出について」を参照してください。

 なお、国税庁の仕様に準じて作成されていないもの(例えば、WordやExcelなどで作成している明細書、PDF形式以外のイメージデータ)等の添付書類は電子データで送信することはできませんので、別途送付等により提出していただくことになります。
 電子的に提出できない添付書類の提出方法については、「電子的に提出できない添付書類は、どのように提出することになるのですか。」を参照してください。

 【添付書類の提出省略等】

  •  平成19年分以後の、所得税の確定申告書の提出をe-Taxを利用して行う場合、医療費の領収書や給与所得の源泉徴収票等の一定の第三者作成書類について、その記載内容を入力して送信することにより、これらの書類の税務署への提出又は提示を省略することができます。
     ただし、法定申告期限から5年間は、保存しておく必要があります。
  •  給与所得の源泉徴収票等については、国税庁が定める一定のデータ形式で作成され、かつ、源泉徴収義務者等(交付者)の電子署名が付与されたものは、e-Taxにより確定申告を行う際の添付書類として、オンラインで送信することができます。
     詳しくは、「給与所得の源泉徴収票等のオンライン送信について」を参照してください。

ページ先頭へ