メッセージボックスの閲覧について、原則として電子証明書が必要とされていますが例外はありますか。

 個人納税者に係るe-Taxのメッセージボックスの閲覧については、セキュリティ対策の観点から平成31年1月以降、原則としてマイナンバーカード等の電子証明書が必要になりました。
 なお、メッセージボックスにおいて提供している手続のうち、従来からe-TaxのID・パスワードのみで利用が可能な@所得税徴収高計算書の提出、A納付情報登録依頼、B納税証明書の交付請求(税務署窓口での交付分)の3手続については、例外としてe-TaxのID・パスワードのみで閲覧できます。
 
 また、e-Taxで申告書等を送信した際、正常に受付処理されない場合などのエラーメッセージについては、利用される方がこれを確認できないと申告書等が正常に受付処理されたかどうか認識できない上、その原因の解消を図ることもできないまま、不提出の不利益を被ることになるため、「受付結果」欄の「エラー情報あり」については、電子証明書がなくても確認できます。

 ※ 受信通知については、メッセージボックスから表示する場合は電子証明書が必要となりますが、e-Taxで申告書等の送信が完了した直後に表示される即時通知から受信通知を表示する場合は、電子証明書がなくても閲覧できます。

ページ先頭へ