電子納税証明書の提出を受ける方への注意事項

(1) 電子納税証明書の署名検証等

 電子納税証明書は、税務署長(国税局長)が、請求者である納税者の所得金額や税額を証明するもので、書面による納税証明書と同様の事項を証明する電子データです。

 当該電子データは、XML形式で証明すべき事項の内容と、証明者である税務署長(国税局長)の政府認証基盤(GPKI)に基づく官職署名から構成されます。

 電子納税証明書の提出を受ける方は、当該電子納税証明書について、

  • 確かに税務署長(国税局長)が発行したものであること
  • 改ざんされていないこと

を確認していただく必要があります(注)。

 具体的な確認方法は、

  1. 電子納税証明書の改ざん検知
     データが改ざんされたものでないかの検証
  2. 有効期限の確認
     官職証明書の有効期限の確認
  3. パス検証
     ルート証明書からのパス検証
  4. 官職証明書の失効確認
     署名に利用されている官職証明書が失効していないかの確認
  5. 検証結果の表示
     署名検証の結果と官職証明書の情報を表示

の手順により行います。

  • (注1) 電子納税証明書の提出を受ける方は、政府共用認証局(官職認証局)CP/CPSの義務を負うことになります。

<参考>

  • (注2) 税務署で発行された電子納税証明書を検証する場合、ルート証明書及びe-Taxソフトが最新状態でないと、署名検証が正常に行えませんので、新しいルート証明書のインストールを行っていただくとともに、e-Taxソフトのバージョンアップを行ってください。

ページ先頭へ

(2) 電子納税証明書の内容の表示

 電子納税証明書は、e-Taxソフトでその内容を確認することができます。
 確認方法は、「電子納税証明書の内容の確認方法」をご覧ください。

ページ先頭へ