• ホーム >
  • e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たって

e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たって

 e-Taxソフト(WEB版)は、e-Taxソフトのダウンロードやパソコンへのインストールをせず、Web上での入力により、e-Taxでの申請や帳票表示ができます。
 ただし、利用可能時間は、e-Taxの利用可能時間に限られます。利用可能時間については、「e-Taxの運転状況・利用可能時間」をご確認ください。

 e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たっては、以下の手順を実施してください。

1 利用規約の確認

 国税電子申告・納税システムの利用及びオンラインでの開始(変更等)届出書の提出に当たっては、 次の利用規約の全ての条項に同意いただく必要がありますので、ご利用前に必ずご確認ください。

ページ先頭へ

2 利用環境の確認

 e-Taxの利用に当たり、e-Taxソフト(WEB版)については、ハードウェア、オペレーティングシステム(OS)及びWWWブラウザに関して、次のような環境を推奨しています。推奨環境とは、国税庁において動作を確認した環境です。

ハードウェア

  • CPU:Pentium4(1.6GHz)以上(又はその相当品)
  • メモリ:512MB 以上
  • ハードディスクドライブ(HDD):2GB以上の空きエリア
  • 画面解像度:1024 × 768以上

Windowsをご利用の方

OS ブラウザ PDF閲覧 Java VM
  • Microsoft Windows Vista
    ※Windows Vistaのご利用に当たっては、こちらをご確認ください。
  • Microsoft Internet Explorer 9
  • Adobe Reader XI
  •         −
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Microsoft Windows 10

Macintoshをご利用の方

OS ブラウザ PDF閲覧 Java VM
  • Mac OS 10.8
  • Safari 6.2
  • Adobe Reader XI
  • Oracle Java 8
  • Mac OS 10.9
  • Safari 7.1
  • Mac OS 10.10
  • Safari 8.0

  ※ サポートが終了しているOS等を含め、上記以外は推奨環境外となりますので、使用できないおそれがあります。
  ※ WWWブラウザは、Windowsでは32bit版をご利用ください。
  ※ OSについては、いずれも日本語版であることが必要です。
  ※ OSには、最新のサービスパック等を適用した上でご利用ください。
  ※ インストール・アンインストール・バージョンアップを行う際には、管理者権限が必要となります。


ページ先頭へ

3 電子証明書の取得

 e-Taxソフト(WEB版)で申告手続等を行う場合には、本人確認を行う必要があるため、マイナンバーカードや住民基本台帳カードに組み込まれている「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」などの電子証明書を取得していただく必要があります(特定納税専用手続利用者又は所得税徴収高計算書、納付情報登録依頼及び納税証明書の交付請求(署名省略分)のみの利用者を除きます。)。
 詳しくは、以下のリンクの「電子証明書の取得方法」を御覧ください。

ICカードリーダライタの取得・設定

ICカードリーダライタイメージ図

 マイナンバーカードや住民基本台帳カードなど、ICカードに組み込まれた電子証明書をご利用の方は、電子証明書のほかにICカードリーダライタが必要になります。
 なお、ICカードリーダライタは、家電量販店等で3,000円程度で購入することができます。
 また、マイナンバーカードや住民基本台帳カード以外の電子証明書をご利用の場合は、電子証明書を使用するための専用ソフトが必要になる場合がありますので、それぞれのインストールマニュアル等に従い、インストール及び設定を行ってください。
 詳しくは、ご利用の電子証明書の発行元に確認してください。(e-Taxで利用可能な電子証明書の発行機関については、こちらを御覧ください。)

ページ先頭へ

4 e-Taxソフト(WEB版)事前準備

 「事前準備セットアップ」ツールは、e-Taxソフト(WEB版)の利用に必要なインストール及び設定をまとめて行うことができる便利なツールです。
 事前準備セットアップ(注)を行わずにe-Taxソフト(WEB版)をご利用になると正しく動作しない場合があります。

(注) 「確定申告書等作成コーナー」の事前準備セットアップを行った方も「e-Taxソフト(WEB版)」で事前準備セットアップを行う必要がありますので、ご注意ください。

 以下のインストールマニュアルを確認の上、お使いのパソコンのOS、ブラウザに対応した「事前準備セットアップ」ツールをパソコンにダウンロードした上でご利用ください。

Windowsをご利用の方

Macintoshをご利用の方

Adobe Readerのダウンロードページへ

Adobe® Reader®(Acrobat Reader)のダウンロード

ページ先頭へ

5 開始届出書の提出

 e-Taxを利用しようとする方は、「電子申告・納税等開始届出書」を事前に納税地を所轄する税務署に提出していただく必要があります。
 e-Taxソフト(WEB版)を利用すると、オンラインで開始届出書を送信することができます。
 開始届出書の提出は、e-Taxを利用するための共通的な手続であり、「開始(利用区分)」で「申告・納税等手続」を選択した開始届出書を提出すれば、 申告、納税及び申請・届出等のいずれの手続もe-Taxを利用して行うことができます。その後、手続ごとに改めて、開始届出書を提出していただく必要はありません。

ページ先頭へ

6 電子証明書の登録

 e-Taxでは、申告等データに電子署名と電子証明書を添付することによって、申告等データが利用者本人の作成したものであることや改ざんのないことを確認しますが、 あらかじめ電子証明書をパソコンを通じてe-Taxに登録しておくことにより、その確認のための処理を短時間で行い、送信者への受信通知を速やかに送信することとしています。

  • (注) 所得税徴収高計算書、納付情報登録依頼及び納税証明書の交付請求(署名省略分)のみを利用する場合は不要です。

 e-Taxソフト(WEB版)では、パソコンを通じて以下の操作で電子証明書の登録を行うことができます。

(1)  e-Taxソフト(WEB版)から、オンラインで開始届出書の提出を行った場合
取得した利用者識別番号でe-Taxソフト(WEB版)にログインすると 電子証明書登録画面が表示されますので画面に従って登録をしてください。
(2)  既に利用者識別番号をお持ちの場合
e-Taxソフト(WEB版)にログイン後、「利用者情報の登録・確認・変更」メニューから利用者情報の登録を行うと、 電子証明書の登録画面が表示されますので、画面に従って登録をしてください。

ページ先頭へ

7 e-Taxソフト(WEB版)の利用

 以下のリンクから、e-Taxソフト(WEB版)をご利用いただけます。なお、e-Taxソフト(WEB版)の基本的な操作方法については、「e-Taxソフト(WEB版)体験版」または、「e-Taxソフト(WEB版)ご利用ガイド」をご確認ください。

ページ先頭へ