暗号化通信の有効確認

 e-Taxソフト(e-Taxソフト(WEB版)を含む。)をご利用になる場合には、暗号化通信を有効にする必要がありますが、平成29年5月13日(土)以降はTLS1.2以上に対応していない環境からはe-Taxソフトを利用することができなくなります。

 インターネットオプションにおいて、暗号化通信が有効となっているか以下の手順で確認してください。

インターネットオプションによる暗号化通信の有効確認方法

1. 以下の手順により、「インターネットオプション」を表示します。

 <Windows 7をご利用の場合>
 Windowsの「スタート」メニューから「コントロールパネル」→「インターネットオプション」を表示します。

<Windows8.1をご利用の場合>
 マウスのカーソルを画面右上の外に出し「設定(歯車マーク)」→「コントロールパネル」→「インターネットオプション」を表示します。

<Windows 10をご利用の場合>
 Windowsの「スタート」メニューから「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」 →「インターネットオプション」を表示します。


2. 「インターネットオプション」画面の「詳細設定」タブをクリックし、「セキュリティ」の中の「TLS1.2の使用」にチェックが入っていることを確認します。チェックがない場合は「TLS1.2の使用」にチェックを入れてください。
 確認が終わりましたら、「OK」をクリックします。
  「インターネットオプション」画面の「詳細設定」タブをクリックし、「セキュリティ」の中の「TLS1.0を使用する」にチェックし、「3.0を使用する」にチェックが入っている場合はチェックを外してください。

 ※ 上記の画面はWindows7の画面です。
  OSのバージョンによって、一部画面が異なる場合があります。
※ e-Taxソフトでは、インターネットオプションの設定を利用しています。

ページ先頭へ