• ホーム >
  • メッセージボックスのセキュリティ強化について

メッセージボックスのセキュリティ強化について

1 メッセージボックスの閲覧における電子証明書による認証機能の追加

 個人納税者に係るe-Taxのメッセージボックスの閲覧については、セキュリティ対策の観点から、平成31年1月以降、原則としてマイナンバーカード等の電子証明書が必要になります。 平成30年12月以前に格納されているメッセージの閲覧についても電子証明書が必要となりますので、ご注意ください。
 また、電子証明書をお持ちでない方でも、メッセージボックス一覧を表示することは可能ですが、原則としてメッセージには鍵マークが付いており、閲覧することができません(エラー情報がある場合には、エラー情報のみ閲覧が可能です。)。
 なお、@所得税徴収高計算書の提出、A納付情報登録依頼、B納税証明書の交付請求(税務署窓口での交付分)の3手続については、電子証明書がなくても閲覧が可能であることから、メッセージに鍵マークが付くことがありません。
 メッセージボックスのセキュリティ強化に伴う操作方法の変更点については、以下をご確認ください。

  ● マイナンバーカード方式でログイン(PDF形式:239KB)
  ● 利用者識別番号及び暗証番号でログイン(電子証明書をお持ちでない方)(PDF形式:218KB)
  ● 利用者識別番号及び暗証番号でログイン(電子証明書(マイナンバーカード)をお持ちの方)(PDF形式:373KB)
  ● 利用者識別番号及び暗証番号でログイン(電子証明書(マイナンバーカード以外)をお持ちの方)(PDF形式:389KB)
  ● メッセージボックスのセキュリティ強化に伴う操作方法の変更点(一括ダウンロード)(PDF形式:984KB)

ページ先頭へ

2 個人納税者に係る「申告のお知らせ」の転送設定

 税理士等に申告書の作成等を依頼し、税理士等が代理送信する場合においても、納税者が本人のメッセージボックスを閲覧するためには、原則として、電子証明書が必要になります。
 しかし、電子証明書を保有していない個人納税者が税理士等に代理送信を依頼した場合、「所得税等、消費税及び贈与税の申告について」(以下「申告のお知らせ」といいます。)が閲覧できず、予定納税額等を確認できないことになります。
 そこで、平成31年1月以降、e-Taxの新たな機能として、税理士との委任関係を登録することで、納税者本人のメッセージボックスに格納される「申告のお知らせ」を納税者が委任する税理士のメッセージボックスに転送すること(以下「転送設定」といいます。)ができる機能を提供いたします。
 転送設定は、まず納税者が自身のe-TaxのID・パスワードを使ってe-Taxにログインし、転送先に指定したい税理士等のe-TaxのID等を入力していただいた上で、税理士等は自身のe-TaxのID・パスワードでe-Taxにログインし、それを承認することで設定できます。
 「申告のお知らせ」の転送設定の操作方法については、以下をご確認ください。

 ○ 委任関係の登録方法(納税者の方が行う作業)

  ●  税理士の利用者識別番号の登録(PDF形式:276KB)

 ○ 委任関係の登録方法(税理士の方が行う作業)

  ●  税理士カナ氏名の登録(PDF形式:276KB)
  ●  委任関係の承認(PDF形式:273KB)

 ○ 委任関係の解除方法

  ●  納税者の方が行う場合(PDF形式:275KB)
  ●  税理士の方が行う場合(PDF形式:420KB)

 ○ その他

  ●  転送された「申告のお知らせ」を税理士の方が確認する方法(PDF形式:449KB)
  ●  個人納税者に係る「申告のお知らせ」転送のための操作方法(一括ダウンロード)(PDF形式:1,554KB)

ページ先頭へ