暗号化通信の有効確認

 e-Taxソフト(e-Taxソフト(WEB版)を含む。)をご利用になる場合には、暗号化通信を有効にする必要があります。

 Internet Explorerでは暗号化通信が有効となっているか以下の手順で確認してください。

Internet Explorer による暗号化通信の有効確認方法

  1.  ブラウザのメニューバーから「ツール」→「インターネットオプション」を選択します。
    メニューバーから「ツール」→「インターネットオプション」を選択します。

  2.  「インターネットオプション」画面の「詳細設定」タブをクリックし、「セキュリティ」の中の「TLS1.0を使用する」にチェックが入っていることを確認します。チェックがない場合は「TLS1.0を使用する」にチェックを入れてください。
     確認が終わりましたら、「OK」をクリックします。
    「インターネットオプション」画面の「詳細設定」タブをクリックし、「セキュリティ」の中の「TLS1.0を使用する」にチェックし、「
3.0を使用する」にチェックが入っている場合はチェックを外してください。
  • ※ 上記の画面はWindows7、Internet Explorer11の画面です。
    OS、ブラウザのバージョンによって、一部画面が異なる場合があります。
  • ※ e-Taxソフトでは、Internet Explorer の設定を利用しています。
  • ※ 民間の会計ソフトウエアをご利用の方は、各製造・販売元にお問い合わせください。

ページ先頭へ