3 セキュリティ対策について

 e-Taxを利用するに当たって利用者の方が安心して申告等の手続を行えるよう、個人情報などの情報セキュリティの確保には万全を期しています。

(1) 個人情報の保護

 ネットワーク上を流れる個人情報は、暗号化通信を行っており、盗み見及び改ざん防止を図っています。

 なお、e-Taxソフト(e-Taxソフト(WEB版)を含む。)をご利用になる場合には、暗号化通信を有効にする必要があります。
 暗号化通信が有効であるかの確認方法につきましては、「暗号化通信の有効確認」をご覧ください。

 また、個人情報を記録しているデータベースやサーバは、ファイアウォールとアクセス監視システムにより保護します。

ページ先頭へ

(2) 利用者識別番号及び暗証番号並びに電子署名及び電子証明書

 e-Taxへログインするためには、なりすましの防止のため利用者識別番号及び暗証番号を必要とし、申告等データには改ざん検知のため電子署名を行い、電子証明書を添付することとしています。

ページ先頭へ

(3) タイムアウト

 e-Taxにログインした状態で一定時間以上アクセスがない場合は、タイムアウト機能により自動的にログアウトされます。

ページ先頭へ