本文へ 本文へ移動アイコン

利用可能文字一覧

利用可能文字一覧

e-Taxで使用できない文字については、一覧では網掛け表示をしていますので、利用者の判断により、代替文字を選択していただくことになります。

開く閉じる

e-Taxで使用できる文字コードは、JIS X 0221をUTF8で符号化した以下の文字コードが使用できます。

  • 「基本ラテン(JIS X 0201と互換性のあるもの。
    ただし、文字タブ(0009)、改行(000A)及び復帰(000D)以外の制御文字(0000~001F、007F)を除く)」
  • 「平仮名」
  • 「片仮名」
  • 「CJK統合漢字」
  • 「CJK互換漢字」
  • 「CJK用の記号及び分音記号」
  • 「半角形・全角形(ただし、半角カナ(FF66~FF9F)を除く)」
  • 「ラテン-1補助(ただし、制御文字(0080~009F)を除く)」
  • 「矢印」
  • 「一般句読点」
  • 「罫線素片」
  • 「幾何学模様」
  • 「基本ギリシャ」
  • 「キリール」
  • 「数字記号」
  • 「数字の形」
  • 「囲み英数字」
  • 「囲みCJK文字/月」
  • 「CJK互換文字」

【参考】NISAの申請・届出における利用可能文字一覧

NISAの申請・届出については、その他のe-Taxにおける利用可能文字とは異なります。当制度の利用可能文字については、利用可能文字(NISA(非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)の申請・届出)に基づき、使用していただきますようお願いします。

【参考】インボイス制度の申請・届出等における利用可能文字一覧 

インボイス制度の申請・届出等については、その他のe-Taxにおける利用可能文字とは異なります。当制度の利用可能文字については、利用可能文字(インボイス制度の申請・届出等)に基づき、使用していただきますようお願いします。