メッセージボックス閲覧方法の利便性向上について(平成31年2月25日)

 個人納税者に係るe-Taxのメッセージボックスの閲覧については、セキュリティ対策の観点から、平成31年1月以降、原則としてマイナンバーカード等の電子証明書が必要となり、 マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書を用いてメッセージボックスを閲覧いただいておりました。
 平成31年1月以降、「マイナンバーカードによるログイン」ではなく、「利用者識別番号と暗証番号によるログイン」を行って申告・申請を行なわれた方がいらっしゃいましたので、そのような方の利便性向上のため、マイナンバーカードの署名用電子証明書でもメッセージボックスを閲覧いただけるよう改善を行いました。

 なお、上記の改善に伴い、平成31年2月25日(月)にe-Taxソフトの共通プログラムを更新しました。更新内容の詳細については、「e-Taxソフト更新履歴」をご覧ください。


具体的な改善内容(受付システムの場合)

 1. 「受付システムログイン」画面で利用者識別番号及び暗証番号を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
  

 2. 「メインメニュー」画面で「認証画面へ」ボタンをクリックします。
  

 3. 「電子証明書の選択」画面で「電子証明書をご利用になる場合はこちら」ボタンをクリックします。
  ※この場合、事前に「電子証明書の登録」が必要となります。
  

 4. 「メッセージボックス閲覧申請」画面で認証局サービス名を選択しますが、ここで「公的個人認証サービス(マイナンバーカード)が選択できるようになりました。
  

ページ先頭へ