マイナポータルとe-Taxがつながります

 マイナポータルとは、政府が中心となり運営するオンラインサービスです。子育ての行政手続きがワンストップでできたり、行政からのお知らせが自動的に届いたりします。
 マイナポータルの詳細はこちら「内閣府マイナンバーホームページ(外部リンク)」をご覧ください。

 国税庁では、平成29年1月16日(午前8時30分目途)からマイナポータルの「もっとつながる」の機能を利用して、マイナポータルとe-Taxをつなげることができるようにしました。これにより、マイナンバーカードでマイナポータルにログインすれば、これまで入力していただいていたe-Tax用の利用者識別番号と暗証番号を入力することなくe-Taxにログインし、メッセージボックスの情報を確認できるほか、納税証明書、源泉所得税、法定調書などに関する手続がご利用になれます。(ご利用可能な手続の詳細はこちら「e-Taxソフト(WEB版)について」)
 なお、ご利用に当たっては、e-Tax用の利用者識別番号と暗証番号を入力する初期設定が必要です。(初期設定の方法はこちら「マイナポータルからe-Taxを利用する(PDF形式:約1.42MB)」(外部リンク))

 所得税の申告書等を作成される方は、確定申告書等作成コーナーをご利用ください。同コーナーを利用して作成した申告書をe-Taxにより提出される場合、上記のマイナポータルを経由してログインした場合でも、送信の際には、従来どおりe-Tax用の利用者識別番号と暗証番号を入力する必要がありますのでご留意ください。

ページ先頭へ