• ホーム >
  • 平成26年1月6日以降、e-Taxを利用する場合は、新たなルート証明書の追加インストールが必要です

平成26年1月6日以降、e-Taxを利用する場合は、新たなルート証明書の追加インストールが必要です
 (平成25年12月6日・平成26年1月6日更新)

1 ルート証明書の変更について

 政府認証基盤(GPKI)の更改に伴い、平成26年1月6日(月)から、e-Taxで利用するルート証明書が、政府共用認証局(アプリケーション認証局)発行のものから政府共用認証局(アプリケーション認証局2)発行のもの(新ルート証明書)に変更になります。

 同日以降は、新ルート証明書・中間証明書をインストールしないと、e-Taxソフト等が正しく動作いたしません(ルート証明書を変更しないと起こる事象について)。

 ルート証明書・中間証明書がインストールされているかを確認するには、「ルート証明書・中間証明書の確認方法」をご覧ください。

e-Taxで利用するルート証明書
平成25年12月27日(金)まで  政府共用認証局(官職認証局)
 政府共用認証局(アプリケーション認証局)
平成26年1月6日(月)以降  政府共用認証局(官職認証局)
 政府共用認証局(アプリケーション認証局2)

(参考)

2 e-Taxソフトをご利用の方

 e-Taxソフトをご利用の方につきましては、ご使用のパソコンに政府共用認証局(アプリケーション認証局2)のルート証明書・中間証明書をインストールする必要があります。
 以下から、ルート証明書・中間証明書のインストーラをダウンロードし、インストールを行ってください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

Adobe® Reader®(Acrobat Reader)のダウンロード

  • ※ インストーラから正常にルート証明書・中間証明書がインストールできなかった場合には、次の手順でインストールを行ってください。

別手順によるルート証明書のインストール

 正常にルート証明書・中間証明書がインストールできていないと、e-Taxソフトでメッセージボックスを開こうとした時に「想定しないエラーが発生しました。」と表示されることがあります。
 ルート証明書が「中間証明機関」にインストールされている場合は、ルート証明書の削除を行ってください。

 ルート証明書・中間証明書が正常にインストールされているかを確認するには、「ルート証明書・中間証明書の確認方法」をご覧ください。

3 e-Taxソフト(WEB版)・NISAコーナーをご利用の方

 e-Taxソフト(WEB版)・NISAコーナーをご利用の方につきましては、平成26年1月6日以降にe-Taxソフト(WEB版)の事前準備セットアップインストーラ又は日本版ISAコーナー事前準備セットアップインストーラを再度ダウンロードした上、インストールしてからご利用ください。

4 確定申告書等作成コーナーをご利用の方

 確定申告書等作成コーナーをご利用の方につきましては、平成26年1月6日以降に「平成25年分事前準備セットアップ」ツールをパソコンにダウンロードした上、インストールしてからご利用ください。

5 上記以外のe-Taxに対応した民間の財務会計ソフトウェアをご利用の方

 上記以外のe-Taxに対応した民間の財務会計ソフトウェアをご利用の方につきましては、それぞれお使いのソフトウェア開発会社にお問い合わせください。

6 以前に利用していたルート証明書について

 政府共用認証局(アプリケーション認証局)は、平成26年1月6日より前に発行された電子納税証明書や電子申請等証明書の署名検証で必要となります。
 「政府共用認証局(アプリケーション認証局)ルート証明書」は、政府認証基盤(GPKI)のホームページから取得できます。

7 署名検証(外部接続)の際の注意事項

 政府共用認証局(アプリケーション認証局2)発行のルート証明書に変更になることにより、政府共用認証局(アプリケーション認証局2)発行のルート証明書・中間証明書がインストールされていないと、e-Taxソフトにて受信通知を開く際や、電子申請等証明書の署名検証を行う場合にエラーとなります。

「署名検証(外部接続)」

※エラーコード「(32)の箇所」につきましては異なる場合があります。

ページ先頭へ