税理士及び税理士法人等が申告等データを作成し、送信する場合、関与先の納税者も電子申告等開始届出書を提出する必要はありますか。また、電子証明書も必要ですか。

 e-Taxを利用して申告・申請等手続(税理士及び税理士法人等が申告等データを作成し、送信する場合を含みます。)を行うためには、納税者の方が電子申告等開始届出書を提出し、利用者識別番号を取得する必要があります。

 なお、税理士及び税理士法人等が納税者の代理で、電子申告等開始届出書をオンラインで提出する場合には、国税庁が提供するe-Taxソフト又は国税庁の仕様公開に基づき作成された会計ソフト等で作成・送信していただくことになります。

 また、税理士及び税理士法人等が納税者の申告等データを作成し、送信する場合は、税理士等の電子署名の付与及び電子証明書の添付のみで送信することができます(納税証明書の交付請求手続をe-Taxを利用して行う場合は除きます。)。

ページ先頭へ