法人が申告した法人税及び消費税等の別表や付表等を追加で送信するには、どうすればいいですか。

 法人税の確定申告書をe-Taxへ送信いただくと、受付システムのメッセージボックスに、受付結果の情報が格納されます。
 格納された受付結果のメッセージ詳細から、「追加送信」を行うことで、別表や付表等を追加で送信することが可能です。
 なお、メッセージ詳細から別表等を追加送信することができる手続は、「法人税申告関係」及び「法人が申告した消費税申告関係」に限られます。


【e-Taxソフトによる追加送信方法】

1. 「申告・申請等の作成」画面から「電子申告データ追加送信表」及び追加送信を行う別表等(以下の画面では、別表3(1)特定同族会社の留保金額に対する税額の計算に関する明細書)を 選択した上で作成し、その後電子署名の付与を行ってください。


2. 受付システムのメッセージボックスに、先に送信した申告書の受付結果の情報が格納されているため、格納された受付結果の「詳細表示」をクリックし、 「メッセージ詳細(受信通知)」画面を表示します。


3. 「メッセージ詳細(受信通知)」画面の「追加送信」をクリックします。


4. 「追加送信表一覧」画面から1で作成した電子申告データ追加送信表を選択し、「OK」をクリックします。


5. 追加送信表の送信が開始され、送信が完了すると「即時通知結果表示」画面が表示されます。
 なお、追加送信に係る受付結果等のメッセージは、先に送信した申告の受信通知が格納されているフォルダに格納されます。

 (参考1)e-Taxソフト操作マニュアル「11 受付結果を確認する(PDF形式:約1.12MB)」
 (参考2)よくある質問「添付書類のイメージデータによる提出は、どのような方法で行うのですか。

ページ先頭へ