e-Tax利用の簡便化について教えてください。

 e-Tax利用の簡便化については、以下の2つの方式があります。

 <マイナンバーカード方式>

 マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで、より簡単にe-Taxの利用を開始し、申告等データの送信ができる方法です。

※ e-Taxを利用するためには、事前に税務署長へ届出をし、e-Tax用のID・パスワードの通知を受け、これらを管理・入力する必要がありますが、マイナンバーカード方式では、そのような手間が不要です。
※ e-Taxを利用するために事前準備として必要であった電子証明書の登録が不要です。

 <ID・パスワード方式>

 「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたe-Tax用のID・パスワードを利用して、「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxを行う方法です。
 マイナンバーカードとICカードリーダライタは不要です。
 「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行は、税務署で職員による本人確認を行った上で発行しますので、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。

※ マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。
※ ID・パスワード方式は確定申告書等作成コーナーでのみ利用できます。
※ 税務署で職員による本人確認等を行う方法以外に、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って、自宅等から確定申告書等作成コーナーを利用して、「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」を送信し、ID・パスワード方式のIDの取得を行うこともできます。

 

ページ先頭へ