• ホーム >
  • 申告等データの作成から納付手続までの流れ

申告等データの作成から納付手続までの流れ

1 申告・申請等の作成

 e-Taxソフトを使用した申告等データの作成、使用可能な文字コード等について説明しているほか、e-Taxで使用できる文字コードや電子署名及び電子証明書の添付について説明しています。

ページ先頭へ

2 作成したデータの送信

 送信する申告・申請等データを選択し、利用者識別番号及び暗証番号を入力してe-Taxにログインした後、申告・申請等データを送信します。

ページ先頭へ

3 添付書類の送付

 e-Taxで送信できない添付書類については、税務署へ送付又は直接持参することになります。
 ただし、所得税の確定申告書をe-Taxを利用して行う場合、医療費の領収書や給与所得の源泉徴収票等の一定の第三者作成書類について、その記載内容を入力して送信することにより、これらの書類の税務署への提出又は提示を省略することができます。

ページ先頭へ

4 電子納税・納付手続

 電子納税には、事前に税務署に届出等をした預貯金口座からの振替により納付する方法(ダイレクト納付)と、インターネットバンキング等を利用して納付する方法があります。
 なお、電子納税が利用可能な金融機関は、ダイレクト納付とインターネットバンキング等による納付でそれぞれ異なっており、利用可能な金融機関が確認できるようリンクも掲載していますのでご確認ください。

ページ先頭へ

5 納税証明書の交付請求手続

 e-Taxでは、インターネットを利用して納税証明書の交付請求を行い、書面の納税証明書を税務署窓口又は郵送で受け取ることや電子納税証明書(電子ファイル)で取得することができます。
 なお、納税証明書を税務署窓口で受け取る場合は、電子証明書やICカードリーダライタがなくても、必要事項を入力するだけでe-Taxソフト(WEB版)及びe-Taxソフト(SP版)から交付請求ができます。

ページ先頭へ