• ホーム >
  • 法定調書のe-Tax等による提出義務化の概要について

法定調書のe-Tax等による提出義務化の概要について

1 概要

(令和3年1月1日以後の提出について)

 法定調書の種類ごとに、前々年の提出すべきであった当該法定調書の提出枚数が「100枚以上」であるものについては、e-Taxを利用して送信する方法又はCD・DVDなどの光ディスクを使用して提出する方法によらなければなりません。
 例えば、令和元年に提出(※)した「給与所得の源泉徴収票」の枚数が「100枚以上」であった場合には、令和3年1月に提出する「給与所得の源泉徴収票」はe-Tax又はCD・DVDなどにより提出する必要があります。

  (※)「平成31年1月から令和元年12月に提出したもの」のことを指します。


(令和2年12月31日以前の提出について)

 法定調書の種類ごとに、前々年の提出すべきであった当該法定調書の提出枚数が「1,000枚以上」であるものについては、e-Taxを利用して送信する方法又はCD・DVDなどの光ディスクを使用して提出する方法によらなければなりません。


2 提出方法

@ e-Taxソフト(WEB版)による提出

 「給与所得の源泉徴収票」や「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」などの法定調書を提出する場合は、e-Taxソフト(WEB版)での提出が便利です。
 e-Taxソフト(WEB版)では、以下の法定調書(及び同合計表)を作成することができます。

  •給与所得の源泉徴収票
  •退職所得の源泉徴収票・特別徴収票
  •報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
  •報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書(社会保険診療報酬基金用)
  •不動産の使用料等の支払調書
  •不動産等の譲受けの対価の支払調書
  •不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書
  •給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表
  •支払調書等合計表付表(e-Tax提出分)

  e-Taxソフト(WEB版)をご利用される方は、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書(及び同合計表)」についてをご覧ください。


A e-Taxソフトによる提出

 @以外の法定調書(及び同合計表)を提出される場合は、e-Taxソフトをご利用ください。
 e-Taxソフトをご利用になる場合は、事前の準備が必要となりますので、「事前準備の流れ」及び「初期登録までの流れ」をご覧ください。


B CD・DVDなどの光ディスクによる提出

 詳細については、「法定調書の光ディスク等による提出のご案内」をご覧ください。

ページ先頭へ