国税電子申告・納税システムの法令等について

 行政手続のオンライン化については、平成15年2月に施行された、「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」(以下「行政手続オンライン化法」といいます。)により、行政機関等への申請・届出等手続について、主務省令の定めるところにより、従来の書面による手続に加えて、オンラインでも手続ができることとなりました。

 また、行政手続オンライン化法に併せて、個別法令の改正のために「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」(以下「整備法」といいます。)及び地方公共団体の個人認証サービスの制度を整備するため「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」が制定されました。

 ここには、国税電子申告・納税システムを利用する上で、必要な省令や同意していただく規約等について掲載しておりますので内容をよくお読みください。

省令

  • 国税関係法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する省令
     国税関係法令に係る申告、申請及び納税等手続について、行政手続オンライン化法及び整備法の規定を受けて「国税関係法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する省令」(以下「省令」といいます。)が制定され、平成15年11月4日に施行されました。この省令では、国税電子申告・納税システムにより各手続をオンラインで行う場合の具体的な方法等が規定されています。

利用可能な電子証明書を定める告示

 この告示は、次の告示により、一部を改正しています。

 利用可能な電子証明書の一覧については、「e-Taxで利用できる電子証明書」をご確認ください。

電子署名等を要しない者を定める告示

 この告示は、次の告示により、一部を改正しています。

添付書面等に係る対象範囲を定める告示

添付書面等に係る期間を定める告示

利用規約等

  •  国税電子申告・納税システムの利用規約
     国税電子申告・納税システムを利用する際に同意していただくことが必要な事項を「国税電子申告・納税システムの利用規約」として取りまとめています。
  •  e-Taxソフトの使用許諾書
     国税庁が提供する国税電子申告・納税システム利用者用ソフトウェア(e-Taxソフト)を使用する際に同意していただくことが必要な事項を「e-Taxソフトの使用許諾書」として取りまとめています。
     なお、e-Taxソフトの使用者は、e-Taxソフトをパソコンにインストールする際に、使用許諾書の内容に同意していただくことによって、インストールができるようになります。
  •  e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナーの利用規約
     国税電子申告・納税システム(e-Tax)の開始(変更等)届出書作成・提出コーナーを利用する際に同意していただくことが必要な事項を「国税電子申告・納税システム(e-Tax)の開始(変更等)届出書作成・提出コーナーの利用規約」として取りまとめています。
     なお、オンラインでe-Taxの開始届出書及び変更届出書を提出する際に、利用規約の内容に同意していただくことによって、当コーナーを利用できるようになります。
  •  ダウンロードコーナーの利用規約
     ダウンロードコーナーを利用する際に同意していただくことが必要な事項を「ダウンロードコーナーの利用規約」として取りまとめています。
     なお、ダウンロードコーナーを利用された方は、利用規約に同意したものとみなされます。

ページ先頭へ