更新情報:平成28年6月13日

(1) 更新情報の主な内容

  •  共通プログラム(約38.3MB)

     e-Taxソフト操作マニュアル・操作ヘルプの修正を行いました。

  •  各手続及び帳票の追加等

     法人税・地方法人税関係、所得税関係、酒税関係につきましては、税制改正等に対応するため各手続及び帳票の追加を行い、併せて帳票ヘルプの修正を行いました。
     なお、追加及び変更した手続等は次のとおりです。

    •  共通帳票(約7.6MB)
    •  申告・法人税・地方法人税(平成28年4月1日以後終了事業年度分・平成27年12月31日以前開始事業年度等分)(約11.2MB)
    •  申告・法人税・地方法人税(平成28年4月1日以後終了事業年度分・平成28年1月1日以降開始事業年度等分)(約10.9MB)
    •  申請・所得税(約19.4MB)
    •  申請・酒税(約12MB)

    • (注1)  ダウンロードは、上記の表示単位で行うことができます。
       バージョンアッププログラム接続確認で「OK」をクリックすると、バージョン確認画面が表示されますので、選択した手続単位でバージョンアップできます。
       なお、共通プログラム及び共通帳票のバージョンアップは必須となります。
       詳細は、操作マニュアル「付録−付録2 e-Taxソフトのメンテナンス」を参照ください。
       「e-Taxソフト操作マニュアル

    • (注2)  ご自身のパソコンにインストールされていない税目や手続については、バージョンアップをすることができません。
       税目や手続を事前に追加インストールすることが必要です。

    • (注3)  バージョンアップを行う際には、管理者権限が必要となります。

    • (注4)  バージョンアップ後は、パソコンを再起動してください。

    • (注5)  平成22年9月30日以前に解散した法人の清算所得に係る申告書については、「申告 法人税・地方法人税(平成28年4月1日以後終了事業年度分・平成27年12月31日以前開始事業年度分)」の様式(別表20(1)〜(4))を使用してください。

ページ先頭へ

(2) バージョンアップの確認方法

 e-Taxソフトのメニューバーから、「ヘルプ」→「バージョン情報」を選択し、e-Taxソフトのバージョン情報を確認してください。

 「国税電子申告・納税システム利用者用ソフトウェア Version 2.6.1」と表示されていれば、正常にバージョンアップされています。

ページ先頭へ

(3) バージョンアップに伴う注意事項

 バージョンアップ後に作成した利用者ファイル(拡張子が「.ncc」のファイル)は、バージョンアップ前のe-Taxソフトでは使用することができないのでご注意ください。

ページ先頭へ