源泉徴収票等作成ソフト利用手順

デスクトップのアイコンを実行します。

デスクトップの「源泉徴収票等作成ソフト」を実行すると、以下の初期画面が表示されます。

次のステップへ

初期画面


 表示された初期画面の内容をご確認いただき、作成年分及び作成帳票を選択し、「次へ」をクリックしますと帳票の入力画面が表示されますので、交付用ファイルの入力を行います。

次のステップへ

(例1)
「給与所得の源泉徴収票(平成19年以降用)」の入力画面
例:「給与所得の源泉徴収票(平成19年以降用)」の入力画面

(例2)
「特定口座年間取引報告書(平成19年以降用)」の入力画面
例:「特定口座年間取引報告書(平成19年以降用)」の入力画面

次のステップへ

画面下部の電子証明書・ファイル名等入力画面


 次に、画面の下部にある電子証明書、保存先、ファイル名等の内容の入力を行います。
 すべての入力が終わりましたら、「データの保存(署名付与)」をクリックしますと、入力内容のチェックを行った後、電子署名を付与した交付用ファイルが作成されます。

  • (注) 他メディアを選択した場合のみ「パスワード」欄の入力を行います。
次のステップへ

交付用ファイルの表示方法等の説明画面
交付用ファイルの表示について


<備考>
 初期画面の「交付用ファイルの表示方法等について」をクリックしますと、交付用ファイルの表示に際しての説明事項が表示されます。

ページ先頭へ